プラスチック代替となる新素材

飲食店のメニューや雨に強いポスターをつくるときには、ラミネートやPP貼をすることが多いです。
しかし、プラスチックやポリプロピレン素材のためにリサイクルには向かない製品になってしまいます。

新しい素材として「LIMEX(ライメックス)」をご紹介します。
LIMEXは、石灰石を主原料とする新素材です。主原料の石灰石は、日本でも自給自足でき枯渇リスクが非常に低い資源です。
また石灰石は石油由来プラスチックと比較しても、原材料調達段階のCO2排出量を約98%抑えることができます。
印刷物、レジ袋、文具や生活雑貨などさまざまな商品に採用されている環境配慮素材です。

紙の代替としては、名刺・カード・メニュー・ポスター・クリアファイル・マップなどに適用できます。
先日は、耐久性を評価いただき某航空会社さんで空港内の掲示物にもご採用いただきました。

特徴としては、以下があります。
・木材パルプを使わない
・製造時に水をほとんど使用しない
・高い耐久性と耐水性で屋外での利用が可能
・石油由来のプラスチック素材の削減
・リサイクル効率が高い

その他、応用できる活用方法はアイデア次第で広がります。
脱プラの一つとしてご検討いただける新素材です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. すぐに取り組める!環境に配慮した印刷

  2. 紙の厚さはなぜキログラム?

  3. 環境負荷低減の取り組み

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP